MENU

福島県福島市/ふくしまバリアフリーツアーセンター

ふくしまバリアフリーツアーセンター

menu
HOME > 

花見山公園

福島市渡利地区の花木生産農家の方が、きれいな花を楽しんでもらいたいという思いから、私有地を無料で開放している花木畑。

日本を代表する写真家故秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と毎年訪れていた花の名所で、ロウバイ、サンシュユ、マンサク、レンギョウ、ヒガンザクラ、ソメイヨシノ、ハナモモ、ボケ、アヤメ、ナンテン等々、四季折々の美しい花々が咲き誇る。中でも、3月下旬からウメ、4月初〜中旬からサクラ、ハナモモなどの花々が咲き競う時期の眺めは特にすばらしいものです。(例年の場合)

人が一番多く訪れるのは花見シーズン(4月初旬〜下旬)でその時期は周辺道路に交通規制がある。

シーズン中に訪れる際は事前に記載ホームページ等で要確認。

お身体の不自由な方で歩行に不安にある方はふくしまバリアフリーツアーセンターでもご相談承る。

戦中の貧しい時代から、花木生産農家の方が長い年月をかけて雑木林を開墾し、生活のために花を植えたのが始まり。 その美しさが人を呼び、「自然の花の美しさを一人で見るのは惜しいほど。この喜びを万人のものとしたい」との願いで、昭和34年に畑を一般開放し、その後福島市民をはじめ、県内外の観光客に親しまれています。

基本情報

住所   福島市渡利
福島市渡利

交通

  東北自動車道 福島西インターより30分。福島飯坂インターより30分。(交通規制期間中はあぶくま親水公園がマイカー臨時駐車場になります。)
バス
JR福島駅東口8番乗り場より渡利南回りに乗車「花見山入口」バス停下車徒歩25分(交通規制期間中は臨時バス「花見山号」が運行)
【園内散策時のお願い】
花見山周辺は、花木生産農家の集落です。花木畑の中へ勝手に立ち入ったり、草木を傷つけないで下さい。
深夜から早朝にかけての立ち入りや路上駐車はご遠慮ください。(近隣住宅の方の迷惑になる為。)
ゴミはお持ち帰りください。
道路は許可車両も通行しますので気をつけて歩行してください。
ペットをお連れの方はリードにつなぎ、他の方の迷惑とならないようご協力ください。

人が一番多く訪れるのは花見シーズン(4月初旬〜下旬)でその時期は周辺道路に交通規制があります。
花見シーズンは周辺道路に交通規制時があり、お身体の不自由な方や歩行困難な方の優先駐車場は「渡利体育館グラウンド」になります。そこからシャトルバス運行(往復)お一人500円(小学生以上)。

バリアフリー情報

障がい者用駐車場  〇
看護室  ×
外国語対応  〇
外国語の案内標記  英語のみ
クレジットカードの受け入れ  ×
花見山までの遊歩道は誰でも十分楽しめますが、花見山公園内は山道で斜度がきつく、一部足場も悪くなっている場合があります。またシーズンは人も多いため、車イス等での登頂は困難です。
お身体の不自由な方で歩行に不安にある方はふくしまバリアフリーツアーセンターでもご相談出来ます。

貸出・サービス

車いすの貸出  〇
ベビーカーの貸出  ×
花見山公園
車いす画像
案内所

駐車場

駐車場  〇
障がい者用駐車場  〇

建物入口

入口段差  13 cm × 30段

車いす対応トイレ1

例年では花見山シーズンのみ花見山公園入口に、車いす対応の仮設トイレが設置されます。

カテゴリー

ページ上部へ戻る